2016/09/21 14:23:21 | lookbook_spring10

現在では、薬局において勤務する薬剤師が少しずつ増加し始めているのではないかと推測されています。薬局によっては、複数の薬剤師を雇用するケースも多くなってきており、薬剤師として勤務できる場所が多くなることにも関与していると言えるのではないでしょうか。薬剤師の仕事は、専門的な知識を持つ薬局で行うケースが多いと考えられており、こうした薬局における勤務の実例が増加することに関与していると推測されています。
ここ数年は、新たに薬局の開業する動きも、各地で確認されています。そのため、薬剤師が薬局で勤務することがよりスタンダードなものとして認識されることにも関与しており、薬剤師が働く場所を探す際に参考されているのではないかと思います。薬剤師の存在が大きなものとして認識される職場のひとつとして、薬局が挙げられることは多いと考えられていることから、このような勤務の形態が広がりを見せているのではないかとみられています。
このようにして、薬局において薬剤師の勤務する動態は、今後も多くの方面から確認されるようになるのではないかと予測されています。薬局の店舗数がこれまでよりも更に多くなるとも考えられていることから、こうした傾向に拍車が掛けられるのではないかとみられています。幅広い年代の人が、薬剤師として仕事をするようになってきつつあるものの、薬局での勤務が高い割合を占めるようになるのではなかいと予測がなされています。

2016/09/08 16:25:08 | darkstar_decenzo_interview

世の中には人の助けとなる職業が多く存在しています。
薬局にて薬を調合する薬剤師も専門的な知識やスキルを生かし、多くの苦しんでいる人の助けとなる職業の一つとなっています。
そんな薬剤師のメリットについて掲載していきます。
まず収入の高さです。
薬剤師になるには専門的な知識を最短でも6年掛けて学ばなければなりません。
それ程高度な国家資格となるのです。
調合する薬や用量のミスは患者さんの死に繋がる恐れがある為、責任重大な職業なのです。
この為、薬剤師の年収も一般的なサラリーマンと比較すると3倍もの年収となってくるので、経済的には余裕のある生活が行えてきます。
次に再就職しやすい職業な点です。
薬剤師の国家資格取得は非常に難易度が高い資格の一つとなっています。その為、有資格者になるのには大きな壁となってしまいます。
結婚や出産にて退職し、再度就職先を探そうにも見つからないのが現状となっていますが、
薬剤師の資格を持っている方であれば再び薬剤師としての再就職が見つかり易いのです。
また正規雇用で無くても時給単価が高いのも魅力の一つです。
関東圏であっても時給単価が900円程となっていますが、薬剤師の時給単価は3000円程とパート社員の中では最も高い時給単価となっているので、家庭の空き時間にパートとして働く薬剤師の方にとっては短時間で高収入を得る事が出来るのです。
多くのメリットがある薬剤師になるのは簡単な事ではありませんが、人気の職業となっています。

2016/08/17 17:42:17 |

薬剤師は医薬品全般の知識を持っている薬のスペシャリストで処方せんの指示に従って調剤したり調剤した薬の説明を患者にするなどが仕事となります。そのため病院に通う患者にとっても重要な存在なのですが、ブランクが出来てしまうと薬剤師をしてきた人でも不安が多いものです。そこでブランクがあるけど薬剤師の仕事に復職する時のポイントを見ていく事にしましょう。

 

薬剤師の仕事をするのは病院か薬局になりますが、病院だと組織で働く事になるのでブランクがあるとなかなか厳しいものがあります。そのため復職する場合は薬局の方が適しています。

 

薬局もいろいろありますが、復職する時の不安を和らげてくれるポイントとして母親の立場の薬剤師がいる薬局を選ぶとスムーズに復職していける事が出来ます。母親の立場になっていると出産した時に休職していてブランクが出来てしまっています。そのため復職というものを経験しているのでいろいろアドバイスをもらえたりもします。またブランクがあるけど薬剤師の仕事に復職するという人の気持ちを理解しているので母親の立場の薬剤師がいるというのは重要なポイントです。

 

薬局にも人間関係が良い場合とあまり良くない場合があります。薬剤師に復職する場合はいろいろ質問したい事もあるのですが、人間関係があまり良くないと質問したくてもしづらいくなってしまいいろいろと気を遣って疲れてしまいます。そのため復職する時は人間関係が良いというのも重要なポイントになります。

 

《おすすめサイト》
↓ ↓ ↓ ↓

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

2016/08/11 17:41:11 |

この国には高度な医療があるので仕事にも関係しています。特に最近では医者の存在が大きくなっています。また医療に関わる仕事は様々なタイプに分かれています。
医療の中でも薬剤師は重要な存在になっています。この仕事は薬を研究できるので様々なメリットがあります。また新しい薬が完成すれば周囲にも影響を与えます。

 

実際に今の高度な医療は薬剤師の力で成立しています。この仕事を真面目にやっている大人たちは非常に多いです。そしてその身近な努力が医療の基盤になっているのです。
薬は病気を治すために基本的なものです。また最近では様々な病気を安い薬で治せます。この背景には薬剤師の完璧な仕事が隠されています。

 

人間は病気を避けるために色々な方法を使っています。しかし結局は薬の力が最も大きくなっています。薬剤師が特に重要なのは薬の研究に関わっているからです。
人間の未来は優れた薬の力によって支えられています。またそうした薬への期待が大人たちを動かしています。実際に優れた薬が完成すれば人間は楽ができます。

 

薬剤師が魅力的な理由は他人を救えるからです。この仕事を続ければ子供たちからも感謝されます。
また今は高齢者たちが薬を必要としている時代です。そこに優れた薬を提供できる薬剤師がいれば安心です。

 

今は医療の発展で人間は高度な生活を実現しています。その背景には大人たちの研究や努力があります。当然のように薬剤師も色々な責任を持って行動しています。
未来の生活はこの薬剤師の活躍にも深く関わっています。

2016/08/10 16:23:10 | lookbook_summer10

薬剤師が働く職場環境はそれぞれで全然違うということが言われていますけど、結構人間関係で苦労することも予想されます。
その人間関係がこじれる原因としてよくあるのが正社員と非正規の薬剤師の差です。
正社員と非正規の薬剤師が混ざるということはよくあると思うのですが、彼らが上手くお互いにやっていけるか?どうかは分からないのです。
職場にもよると思いますけど、全く問題なくお互いに働いていける場合もあれば、何かしらいざこざが発生することもあるので、気をつけてほしいと思います。
その発生原因としては正社員が非正規の薬剤師を見下すような言動をとるようなケースです。
別にどっちが偉いとかは本来はないはずなんですけど、身分の差があるような感じで非正規の薬剤師に正社員の薬剤師が接するようなことが度々あるようです。
命令口調になったりして、明らかに正社員同士のときよりも態度が大きくなるといったことがありますから、そういう職場に当たると、非正規の薬剤師は働きづらくなります。
こういったことはそうあるものではないですし、それ以外の理由で人間関係に関する苦労をするかもしれません。
いろいろな人間がいる中で働かないといけないのはどの職場でも同じですし、人間関係の問題はどういう職業を選んでも発生する問題でしかない可能性もあります。
しかし、薬剤師ならではの正社員と非正規の対立の問題がありえることは知っておいた方が良いのではないか?と思います。

2016/08/09 15:58:09 |

私は2000年に某薬科大学に入学、2004年に卒業し薬剤師免許を取得しました。現在の薬学部は6年制ですが、私が学生だった頃はまだ4年制でした。卒業後は病院や薬局で薬剤師として働く方法もありましたが、私は製薬会社に就職することを選択しました。私が通っていた薬科大学では3分の1が大学院へ進学、3分の1が薬剤師として就職、そして残りの3分の1が企業へ就職といった割合でした。ですので製薬会社へ就職することは決して珍しい例ではありませんでした。
私は製薬会社で医薬情報担当者、一般にはMRと呼ばれる職に就き、7年間働きました。私の勤めていた会社ではMRは薬学部出身者に限られていたわけではなく、文系や一般理系出身者もいました。しかし仕事内容は薬剤や疾病に関するものが大半になります。薬学系知識が豊富に必要となるため、薬学部出身者の方が圧倒的に有利なこともあり半数以上が薬剤師免許を持っていました。他社では薬学部出身者のみを採用していたところもありました。
私は入社してから7年間、医師や薬剤師に薬剤の情報を提供したり、副作用が出たときにはその情報を会社へフィードバックするといった仕事をしていました。そのため薬剤に関する知識はそれなりに身に着いたと思っています。しかし一般の薬剤師のように調剤や患者さんへの薬剤指導をするようなことは全く経験がなく、強いて言うならそのような薬剤師らしい仕事をしたのは学生の頃の実習だけです。
今思うことは、会社を退職して薬剤師として薬局で働こうと思っても、薬剤師免許を持っているだけで薬剤師経験がゼロであり、さらに6年制を卒業した薬剤師も多くいる中で、私は必要とされる存在なのかということです。